文京区で不動産取引をするならこの会社!比較ランキング形式で紹介します

更新料は不動産業者によってどのくらい違うの?

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/04/28

物件の更新をするときには更新料が含まれることになります。つまり更新の年だけは余分にお金がかかることになるでしょう。当然家賃も支払わなければならず負担が大きくなるでしょう。そこで、どの程度の料金になるかを知っておきたいところです。

そもそもどのような意味合いがあるのか

不動産を更新するときには更新料を支払うことになりますが、これはそもそもどのような意味があるのでしょうか。一般的には、2年契約の賃貸物件が多いですが、中には1年契約の賃貸物件もあります。

そして契約期間が満了した場合にはそのまま退去を命じられるわけではなく特に退去したい旨の連絡がなければそのまま自動更新になるでしょう。そしてこのとき発生するのが更新料になります。

支払う理由はさまざまですが、臨時の収入としてオーナーが見込んでいることが理由に挙げられることも多いです。賃貸物件を経営する場合でも、家賃収入だけでは不十分なことも考えられます。

そこで、契約を更新するときに費用を借主から得ようとする理由の1つになっているわけです。そのため、絶対に支払わなければいけないと言ったことはありません。物件によっては全く支払わなくても良いところもあります。

もちろん契約の段階で支払うことを約束しているところは、途中から支払いたくはありませんと意思表示したところで支払わなければいけないわけです。

もう一つの理由は、長年の慣習により支払うことになっています。いずれも絶対的に支払わなければいけないものではないことが理解できるでしょう。そのため、この費用に関しても安いところから高いところまでさまざまになります。

一般的には家賃の1ヵ月分ぐらいになる

更新費用に関しては、概ね賃貸物件の1ヵ月分の家賃になっていることがほとんどです。毎月の家賃が60,000円の場合には、更新費用も60,000円になると考えて良いでしょう。つまり言い換えるならば、更新の月だけは家賃を2倍支払うことになります。

これを大前提として1年以上前からお金を貯めておくことが必要になります。特に金銭的に余裕がない場合は、早い段階で貯めておいた方が良いでしょう。

では、このお金をもし支払うことができない場合や支払いたくない場合はどうなるでしょうか。これに関しては、たいていの不動産会社で契約のときに支払うことを約束しています。支払うことを約束しているにもかかわらず期限まで支払えないとすれば、退去が命ぜられると考えてよいでしょう。

家賃を支払わないのと同様に考えられるとも言えます。そのため、部屋の退去を強制されたくなければ確実に支払うのが1番良い選択の1つになります。

ちなみにこのときには、火災保険も同時に支払うことが必要になります。通常火災保険は、物件を借りたときに支払いましたが、たいていは更新するときに再び加入し直す仕組みです。もし途中で退去した場合には、日割計算で支払った分のお金が戻ってくる可能性はあるでしょう。

地域によって徴収率はさまざまになる

更新料に関しては、地域によってその支払額も随分異なります。例えば東京の文京区のように都会の場合には支払うところが過半数を占めています。東京の場合はおよそ65%の賃貸物件で支払うことになっているため、中には支払わなくて良いところもありますが多くの場合支払う形になるでしょう。

支払わなくて良い物件の特徴は、やはり普段の家賃が高いことが想定できます。あるいは、設備がたいしたことないなど何らかの点でコストを抑えている可能性が高いでしょう。

 

不動産の更新料金に関しては、契約で支払うことになっている場合は確実に支払わなければ物件を追い出されてしまう可能性があります。支払う金額は、家賃の1ヵ月分ぐらいを想定しておけばよいでしょう。

このとき同時に火災保険も支払うことが多いため、十分なお金を貯めておくことが必要になります。1年で更新になることもありますが1年で更新をするところも少なくありません。文京区のある東京都では、およそ65%の物件で更新をするときの費用を支払っていることになります。

サイト内検索
文京区不動産関連コラム