文京区で不動産取引をするならこの会社!比較ランキング形式で紹介します

家を購入する際に必要な頭金はどれくらい必要?

不動産で家を購入するという場合には、金額的な面からいってある程度まとまった金額が必要になります。

そのため、たいていの方が住宅ローンを組むことになるでしょう。

その場合、頭金などを用意しておけば、その後住宅ローンなど支払いに関してある程度負担が減る点からも有効だといえます。

ですが、どの程度の金額が必要になるのかと疑問を持つ方もいるでしょう。

頭金に関してチェックしていきます。

 

半数以上が500万未満の頭金を用意する

家を購入したいという場合には、いろいろと立地を気にすることもあれば、家の間取りなどさまざまな点をチェックすることでしょう。

念願のマイホームのため、あまり妥協したくないという方も多いはずです。

ですが購入する家の金額にもよりますが、住宅ローンを組むのが大半である点からも、定期的な支払いなども考慮する必要があります。

また、頭金などもある程度用意しておくということも大切です。

金額が多ければその後の住宅ローン支払いなども負担の軽減につながるため、重視したいところです。

その肝心の頭金がどの程度必要か、自分以外の人達はどの程度貯めているのかというと、基本的に半数以上が500万以下とみていいでしょう。

2割から3割の人は1000万以上貯めているということもありますが、1000万以上貯めるというのはかなりの時間がかかります。

そのため、大半の方は500万未満であり、数年貯金をしておきそれを頭金として利用するというパターンが多い傾向もあります。

 

家の購入金額によっても貯める金額に違いがある

家の購入金額が3000万円未満などの場合には100万円から500万円未満というケースが多い傾向がありますが100万円未満というのもそれなりの比率を占めているのも特徴的です。

3000万から5000万未満の場合には100万円から500万円未満が多く、5000万以上になると頭金1500万円以上が半数以上になる傾向もあります。

このように家の購入金額などによって頭金に関しての比率などもかなり変化していくというのも特徴的です。

2年程度で貯めたというケースでは100万未満や500万未満が多数を占めることになり、2年以上5年未満の場合には100万以上で500万未満が多く、5年以上貯めたという場合には1000万以上が多数を占めるような状況となります。

このように、お金を貯める期間によっても金額などに特徴がでてくるため、どの程度の期間貯めるかという点も重要なポイントといえるでしょう。

 

親からの援助などは割と少ない

親からの援助があったという方も、ある程度の人数いる傾向もありますが、大半の方は自分で貯めたというケースが多くの比率を占めることになります。

親がそれなりに裕福である場合や元々子供のためにまとまった金額を貯めていたという親の場合には、援助という形で子供に対してサポートしてくれるケースはありますが、誰でもそのような条件で家を購入できるとは限りません。

そのため、大半の方は自分一人、夫婦で協力してお金を貯めているということになります。

貯める場合には、計画的に貯めていくことが大切です。

目標金額なども設定しておき定期的に貯金をしておき、目標金額を達成したら家の購入の検討をしてみるといいでしょう。

夫婦で貯めるという場合には、生活費をできるだけ節約していくことでより早く目標金額を達成できるはずです。

夫婦でよく話し合い、効率よく貯金をしていきましょう。

 

頭金を貯めるということは大切です。

ただし、家の購入金額などによっても頭金の金額がどの程度でいいのかという点を考慮するということも必要だといえます。

できるだけ多くの頭金を準備するということも有効な手段ですが、貯める期間が長すぎてもいけません。

そのため、収入などに合わせて判断していくということも重要なポイントといえます。

効率よく貯めてマイホーム購入のために行動してみましょう。

 

サイト内検索
文京区不動産関連コラム