文京区で不動産取引をするならこの会社!比較ランキング形式で紹介します

実用ライフサポート有限会社

実用ライフサポート有限会社

【詳細】

会社名:実用ライフサポート有限会社

住所:〒112-0012 東京都文京区大塚1-1-15 東谷ビル2F

連絡先:03-5319-3280

定休日:毎週水曜日・夏期休暇・年末年始

 

実用ライフサポート有限会社は文京区を中心として不動産売買を手がけている業者です。
こちらは対応エリアも広くなっていますが、一体この会社にはどのような特徴があるのでしょうか。
ここではそんな気になるポイントについて紹介します。

 

実用ライフサポートとは?

・実用ライフサポートは丸の内線茗荷谷駅前に店舗があります。

・こちらは不動産オーナーだけでなく不動産を購入したいという人にも利用してもらいたいお店です。

物件数は実に多くなっており、賃貸物件から中古マンション・中古一軒家などの実に幅広い物件から選んでいけます。
物件も後楽園駅近くの物件などのようなものもあります。

このようにいろいろな特徴もありますが、文京区には実にいろいろな不動産屋があります。
このため、じっくり比較検討しておくのが良いでしょう。

 

不動産が売れない場合の対処法を知る

不動産が売れるかどうかはいろいろな要因が関わってきます。
特に不動産が売れない際には特に気をつけておきたいところです。

〇ポイント
・不動産が売れない原因にもいろいろとありますが、不動産が売れない際にはどうして売れないのか分析してみましょう。
例えば、価格が高すぎるのかもしれません。
こうした場合には不動産価格を思い切って1割以上下げてみることがおすすめです。
全く買い手がつかない物件でも一割も値下げすれば思わぬ買い手も現れることがあります。

時期的な要因もあります。
例えば、10月ごろは物件も売りにくい時期です。
こうした時期に物件を売りだそうとしてもうまくいかないこともあります。
物件を売る時期を間違えるといつまでたっても売れませんから気をつけておきたいところでしょう。
逆に3月などであれば物件も売れやすくなってきます。
こうした物件が売れる時期についてはかなり違いも多いので、不動産売買業者にも話を聞いておくと良いでしょう。

・他に、不動産の情報が買い手に見られていないこともあります。
こうした場合には不動産情報の掲載方法を再検討してもらうと良いでしょう。
また、自分でも不動産情報が記載された店頭広告やウェブページを見てみて何が問題なのか分析してみることも良いでしょう。

いずれにしてもお店に任せっきりにするのはいけないことです。
不動産売買業者もいくつも物件を抱えていますから、特定の物件にだけ注力することはできません。
こうしたこともあり、お店に任せるだけでなく自分でもある程度協力することも必要になってくるのです。

上記のような方法を試しても状況が改善しないならば不動産売買業者を変えることもおすすめです。
不動産売買業者を変えれば全く異なった顧客層に物件を見てもらえることもあります。
これによって一気に物件が売れ出すこともあるのです。
不動産売買業者を変えるのは少し勇気がいるものの、いつまでも効果がない方法で売っていても仕方ありません。
目安として、3ヶ月物件を売りだして音沙汰無いようならば売り出し方を変えたり不動産売買業者を変えてみるようにしましょう。
とはいえ、専売契約などのような契約内容によっては不動産売買業者も簡単には買えられないこともあります。
このような点もあるので契約する際には用心・注意が必要になってくるのです。

ちなみにリフォームをすることもできます。
リフォームをすることによって価値がつきにくい物件でも売っていくことが可能となります。
とはいえ、数ヶ月売りだしても買い手がつかない物件だと何らかの致命的な欠点があることが多いです。
例えば、日照条件が悪い、といったようにです。
こうした問題をなんとかしないとリフォームしてもあまり効果が期待できないこともあるので気をつけておきたいところです。