文京区で不動産取引をするならこの会社!比較ランキング形式で紹介します

不動産の内見は何時までできる?

公開日:2019/01/01  最終更新日:2018/12/20

引越しシーズンなど色々内見する人が多くいますが、その際仕事の都合で出来れば夕方や夜仕事が終わってから見に行きたいという人もいるのではないでしょうか。

イメージとしては昼間見に行くイメージですが、実際のところ何時くらいまで見ることが出来るのでしょうか。

詳しく紹介しているので参考にして下さい。

営業時間外に見に行きたい場合は

新居探しは簡単ではありません。

自分に合ったところを見つけるためにもやはり周辺環境や建物もとても重要です。

その為、引越しをするのであればきちんと内見をして決めることをおすすめします。

その際気になるのが何時頃まで見に行くことが出来るかです。

一般的に昼間見に行くという人が多くなっていますが、仕事の都合など夕方や夜間しか見に行くことが出来ない場合はどうすれば良いのでしょうか。

不動産屋では基本的に17時や18時までの営業時間内で見学する時間を設定しているところが多くなっています。

ただし会社によってはお客さんの都合に合わせて融通が効く場合も多くなっています

仕事の都合などで営業時間外でしか見に行くことが出来ないなど伝えることで場合によっては対応してくれるところも結構あるので、事前に申し出てみましょう。

昼と夕方の両方見学することがおすすめ

通常の営業時間内であればいつでもOKなところが多くなっているので、営業時間内で自分の都合の良い時間を選ぶことをおすすめします。

それ以降でも対応してくれる場合もありますが、大家さんの方からNGが出てしまう場合もあります

やはり鍵の管理などの問題もある為、営業時間外で見に行きたい場合は時間を融通してもらえるのか聞いておきましょう。

また、実際に建物の中や周辺を見に行く場合、昼間と夕方など時間帯を変えて見てみることをおすすめします。

時間帯によって部屋の中の太陽の光の入り方が異なるので、それによって部屋の中の雰囲気もまた変わってきます。

実際に住んでみたら日中太陽の光があまり入らないなど問題が出てくる場合もあるので注意しましょう。

せっかく暮らすのですから、安心して暮らすことが出来る環境であったり、住みやすい部屋である必要があります。

その為、きちんと部屋の中の設備や間取り、そして収納もチェックしておきましょう。

自分に合った住まいを見つけるために

最近ではこちらの都合に合わせて対応してくれるところが多くなっていますが、場合によっては鍵を渡され自由に見学出来る場合もあります。

ほとんどの場合は立会になりますが、見学する時間帯や会社によって異なるのでもし遅い時間などに見学したい場合は最初に話をすることをおすすめします。

人それぞれ住みやすい環境や部屋が異なります。

実際に住んで見るとイメージと違って住みにくいという場合も出てくるので注意が必要です。

せっかく新居に引っ越すのですから、自分のライフスタイルであったり家族構成なども考慮することが大切です。

引っ越したばかりなのに住みにくさを感じる様では大変でしょう。

融通の効く会社も増えているので、口コミなど参考にしながら選ぶのも良いのではないでしょうか。

何箇所か実際に見て決めることはとても大切なことです。

建物だけで無く、周辺環境も日中と夜では異なるので、別々に見に行ってみるのも良いでしょう。

特に女性は周辺の治安も気になるという人も多くなっているのでぜひしっかりチェックして安全に暮らすことが出来る場所を見つけましょう。

まとめ

新居探しをする場合、自分の目でしっかり確かめてから選ぶことが大切です。

きちんと内見して建物の中の様子や太陽の光の入り方など確認することが大切でしょう。

実際に見てみないと分からないことがたくさんあります。

また部屋の様子を見たい場合、通常であれば不動産会社の営業時間内で見ることが出来ますが、もしそれ以降で無いと都合がつかない場合はそれ以降でも見学出来るかどうか相談してみましょう。

場合によっては時間外でも対応をしてくれるところも比較的多くあるので、事前に確認することをおすすめします。

サイト内検索
文京区不動産関連コラム