文京区で不動産取引をするならこの会社!比較ランキング形式で紹介します

不動産投資は節税になる?

公開日:2020/06/01  最終更新日:2020/06/03

人気エリアである文京区では不動産投資が盛んですが、投資する目的は利益を得ることだけではなく、節税目的のこともあります。節税目的で不動産を購入するときは利益率の想定も大切です。節税目的で賃貸物件経営などを考えるときは、コストを上手く考える必要があります。

所得税と住民税を安くする方法について

節税目的で文教区での不動産の投資を考えるときに想定するのが所得税です。マンション経営などをおこなう場合に事業が赤字になることあります。こうしたときは投資で赤字が出たと確定申告すると効果的です。

サラリーマンとして給与を受け取った場合には所得税が源泉徴収されます。投資での赤字を確定申告することで、所得税の還付を受けられます。これを損益通算と言います。住民税は所得によって支払う住民税額は増減するので、投資が赤字のときに確定申告すると住民税を軽減できます。投資の規模はさまざまです。

規模に応じて個人でおこなう場合と法人としておこなう場合があります。投資の規模が大きくなると法人化するメリットが大きくなります。所得額が大きくなると個人事業主として支払う所得税の税率よりも、法人税の税率のほうが低くなります。

そのため投資の規模が大きくなったときに法人化すると、大きな節税効果が得られます。しかしながら法人設立には費用と労力が必要となります。こうしたことも想定して法人成りを考える必要があります。

相続税を抑える手段などを考える

相続が起こった場合に、相続をすると相続税がかります。相続は不動産としておこなうと、相続税が安くなります。相続税を安くする方法としては、法人として不動産投資をおこなうことなどがあります。

その後に配偶者や子供を法人の役員にすると、贈与税や相続税を安くすることが可能性となります。税金を安くする方法はさまざまです。さまざまな税制度を上手く活用することを考えるのが大切です。

賃貸マンションなどに投資をするときは、修繕費や火災保険を経費計上できます。経費計上を考えるときは、減価償却費も必要します。減価償却費を活用して節税するときは活用できる期間を想定する必要もあります。

減価償却費を利益から引くことで節税できますが、減価償却費が経費計上できる期間は法定耐用年数までです。それを過ぎると減価償却費を経費計上できなくなりますので注意する必要があります。

投資をするときは利益率のことを考える

サラリーマンとして収入を得ている人が、土地や建物などに投資することがあります。こうしたときに不動産投資に赤字が出ていると、所得税と住民税を安くすることが可能です。

しかしながら節税だけを目的に投資をおこなうとさまざまな問題が生じます。文京区で賃貸マンション経営などをするときは、必ず周囲の賃貸事業に関する調査をする必要があり、十分な入居率を確保できるかなどを判断する必要があります。

賃貸物件などを購入するときまず入居率を考えて、利益率がどのくらいかを想定します。その上で投資によって税金をいかに安くできるかを考えるのが大切です。赤字経営を続けていると、銀行融資が受けにくくなる問題も生じます。こうしたことを考えながら上手く節税のテクニックを考えるのが大切です。

 

賃貸物件などを購入して賃貸経営すると、そのときにかかる経費などを節税のために活用することもできます。こうすることで所得税や住民税安くすることもできます。しかしながら不動産に投資をするときは入居率の想定をして、赤字が続かないようにすることが大切です。赤字経営を長く続くのは避けるのが大切です。

赤字が続くと次の物件に投資をするための銀行融資が受けにくくなったりします。賃貸経営などを活用して税金を安くすることを考えるときは、賃貸経営にかかるコストなどを上手く想定するのが大切です。

サイト内検索
文京区不動産関連コラム