文京区で不動産取引をするならこの会社!比較ランキング形式で紹介します

不動産で住宅購入する際に必要な書類は?

住宅を購入するときには手続きをする過程で様々な書類を準備しなければなりません。いつどんなものが必要になるのかを予め知っているとスムーズに手続きを進められます。すぐにその場で準備できるものもあれば、取得するのに時間がかかるものもあるのでいつ何が必要になるかを確認しておきましょう。

 

 

 

 

購入の申し込みと売買契約で必要になるもの

不動産会社と相談して買いたい住宅が決まったら、購入を申し込むことになります。この時点ではまだ売買契約が完了したわけではなく、購入意思を示すことによって他の人に買われないようにしてもらう手続きとなります。

このときに必要になるのは購入申込書本人確認ができるものです。購入申込書は業者側が用意してくれるので、そこにサインをするだけで済みます。場合によっては住所や電話番号などを記入することになりますが、記入のために用意しておかなければならないのは印鑑程度です。また、本人確認は運転免許証健康保険証マイナンバーカード住民基本台帳カードパスポートなどが使用できます。何が使用可能かは業者によって多少の違いがあるので、予め確認しておきましょう。

購入を申し込んだ後、売買契約をすることになりますが、このときにも事前に用意しなければならないものはあまりありません。本人確認ができるものと、売買契約書を提出するだけで済むからです。売買契約書を書くために印鑑が必要になります。また、手付金や購入に際して半金が必要な場合にはお金を用意しておくか、先に振り込んでおくことが求められます。

住宅ローンを使用するときに必要になるもの

住宅ローンを使って購入するときには別に手続きをしていく必要があります。まず、購入を申し込んだら住宅ローンの審査を受けなければなりません。この際には事前審査申込書に記入し、物件概要書間取り図土地公図などの物件に関する情報がわかるものを提出することが必要です。事前審査申込書の記入には上述の売買契約同様に印鑑が必要になります。

また、借りる資格があるかどうかを判断するために収入がどの程度あるのかがわかるものも必要で、源泉徴収票確定申告書決算報告書などを準備することも必須です。そして、運転免許証などの本人確認ができるものを用意しなければなりませんが、連帯保証人を立てる場合には連帯保証人の本人確認もできなければなりません。他にも借り入れがあるときには償還予定表や残高証明書などを求められることもあります。

事前審査を通過すると本審査を受けることになり、事前審査の時点で必要なものを提出するように言われることも珍しくありません。本審査では借入申込書団体信用生命保険申込書兼告知書を記入する必要があり、他に借り入れがあるときにはあらためて返済予定表なども提出が必要なこともあります。収入証明、本人確認も行われますが、大抵は事前審査のものを利用することができます。そして、同居家族の続柄が全て記載されている住民票、本人と連帯保証人の印鑑証明書を用意しておくことが必須です。

本審査を通ったらまた手続きがありますが、ここでは住宅ローン契約書抵当権設定契約書に記入します。そして、この時点でまた住民票と印鑑証明書も提出を求められるので予め手配しておきましょう。

物件の引き渡しに必要になるもの

引き渡しのときには登記費用などを支払うための書類に記入することになりますが、すぐにその場で書けるので印鑑があれば問題ありません。準備しておく必要があるのは住民票印鑑証明書だけです。住宅ローンと同様に同居家族の続柄がわかる住民票、本人と連帯保証人の印鑑証明書を用意する必要があります。

 

住宅の購入をするときには様々な必要書類がありますが、基本的には印鑑と本人確認ができるものを持っていれば手続きが可能です。住民票と印鑑証明書は多めに手配しておき、収入証明ができるものも予め用意しておけば安心です。