文京区で不動産取引をするならこの会社!比較ランキング形式で紹介します

文京区の不動産業者、定休日は何曜日が多い?

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/06/03

文京区に住みたいということであれば、そこにある不動産会社に行くというのが一番いいはずです。ただ、定休日に行ってしまうと無駄足に終わることになりますので、あらかじめ何曜日が休日なのかということを知っておいたほうがいいでしょう。それでは、文京区にある不動産会社は何曜日が定休日であることが多いのでしょうか。

水曜日が定休日であることが多くなっている

不動産会社の一般的な慣習で水曜日に定休日を設けるところが多いです。多くの人が休日に当たる土日に物件探しのために訪れることが多いですので、それにしっかりと対応するために土日に定休日を設けるわけにはいきません。

そこで平日のうちにどこに設定するのかというと、ちょうど真ん中に当たる水曜日に休日を設定しているというわけです。文京区のみならずその他の区であってもたいてい水曜日が休日になっているケースがあります。

物件を管理している管理会社も水曜日が安いであるケースが多いので、不動産業界は横のつながりがあるため、物件を紹介する仲介会社においても水曜日を休みにするという流れに倣ったものです。

水曜日の「水」という漢字が水に流れるという意味があり、それが契約が流れるという悪い意味に解釈できてとても縁起が悪いため、それを避けようという縁起担ぎの理由もあります。こういうことを気にして水曜日を休みにするということも十分にあるということです。

水曜日でも開いているところもある

不動産業界の慣習で水曜日が定休日であることが多いですが、文京区の不動産会社の中には年中無休で対応してくれるところもあります。水曜日しか訪れることができない人にとってはとても嬉しいことです。

ただし、住みたい物件を取り扱っている管理会社が休みである可能性がありますので、そのときには内見することができない点に注意します。確かに水曜日が休みになっていることが多いですが、そういうところであってもあらかじめ水曜日しか行くことができないという旨を説明すると、対応してくれる可能性はゼロではありません。

そういうことを相談するのが面倒くさいということがありますし、必ず応じてくれるとは限りませんので、最初から水曜日でも開いているところにしたほうがいいでしょう。

平日に行ったほうが物件探ししやすい

土日に不動産会社に訪れる人が多くなるので、人が多ければ順番待ちで対応をしていくことになります。そのため、場合によっては順番が来るまで待たされる可能性が出てくるでしょう。

そうなるとなかなか満足した物件選びができない可能性が出てくるはずです。不動産会社の担当者と話し合いながら物件選びをおこないたいのであれば、平日に行くのが一番いいです。

土日に比べると訪れる人が少なくなりますので、担当者と話し合いながら物件選びをおこなうことが可能になります。担当者がいろいろとサポートをしてくれたりしますので、平日のほうが探しやすく、スムーズに手続きを進めることができるでしょう。

平日に行くのが一番いいのは言うまでもないことですが、平日に行くのであれば、定休日が存在するのかどうかを事前にホームページや電話などで確認をしたほうがいいです。たいていの場合は水曜日が休みである可能性が高いですので、水曜日を避けるのが一番賢い選択になります。

 

文京区にある不動産会社においては、土日にお客様が訪れることが多いですので、土日を休みにするわけにはいかないです。そこで平日の真ん中に当たる水曜日を定休日に設定しているところが多くあり、それが慣習になっています。

最近はその慣習にとらわれないようなところも出てきており、水曜日が休みでないところもありますので、水曜日にしか行くことができない人はそういう不動産会社に行くべきです。基本的には平日に行ったほうがスムーズな手続きがおこなえますし、物件選びに関して相談に乗ってもらえる可能性が高くなります。

サイト内検索
文京区不動産関連コラム