文京区で不動産取引をするならこの会社!比較ランキング形式で紹介します

文京区内の不動産屋でワンルームマンションを探す4つのポイント

不動産屋でワンルームを探す

 

 

 

ワンルームマンションは一人暮らしに最適です。
間取りが狭い反面として、一般的な賃貸に比べると相場が安いのが特徴です。

 

 

ポイント1・最寄り駅から探そう

多くの方は一人暮らしのためにワンルームマンションを探すと思いますが、ファミリーとして賃貸物件を探す場合に比べると自分の都合だけで物件を選べるのが強みです。
生活の軸になるのは学校や仕事なので、基本的に通学や通勤が楽になるように最寄り駅からワンルームマンションを探すのがオススメです。
通学や通勤のルートを逆算していくと、自然と都合の良いエリアが見えてきます。
ワンルームマンションは駅に近いほど価値が高いとされるので賃料相場が上がります。
逆に駅までの距離が徒歩でたった数分の差でも1万円や2万円と賃料が下がるため、ここが考え処です。

ポイント2・賃料比較を徹底すること

ワンルームマンションを借りる場所がある程度きまってきたら、次に賃料比較に徹しましょう。
上記のとおり、ちょっとした立地条件の違いでも賃料が変わるため、それを年間として見た場合はとても大きな出費の差となります。
例えば、駅までの距離が徒歩で10分の差で1万の賃料差がある場合、10分長く歩くのを我慢するだけで年間で12万円浮きますね。
もちろん、ワンルームマンションといっても築年数や設備などは物件によって様々なので、一概に立地条件だけで賃料が決まるわけではありません。
希望する同条件において立地条件の差から賃料が変わるケースなら、安い賃料の物件を選ぶ方がコスパが良くなります。

ポイント3・数社で情報収集すること

文京区は店舗を構えている不動産業者が多数あるので、なるべくいろんな業者の元でワンルームマンションの情報を集めましょう。
WEBからホームページ上でワンルームマンションの物件を公開している業者が多いですが、詳細を知るという意味では店頭で相談するほうが良いです。
店頭にワンルームマンションの相談予約を入れておき、朝一番から相談をすると当日に物件を見学できるケースも良くあります。
最終的には見学をして建物の雰囲気やお部屋の様子を見ておくことは何よりも重要なので、出来るだけ多くの不動産業者で相談をしてみてくださいね。
また、文京区に強い不動産業者で相談をすると、地元民ならではの情報網からお宝と呼べるほど好条件なワンルームマンションが見つかることもあります。
その点に期待を持てることも、文京区の不動産業者を利用するメリットとして抑えておきましょう。

ポイント4・昼夜の治安リサーチと質問しておくべきこと

文京区は東京23区の中でも治安が良いエリアとして有名です。
しかし、女性の一人暮らしの場合など、昼夜における街並みをリサーチしておく方が安心です。
街灯のない路地裏を通るようなワンルームマンションはちょっと不安ですね。
街並みの散策は夜をしっかりと確認しておく方が良いので、時間を見つけて友達と一緒にチェックするように心掛けましょう。
ワンルームマンションの築年数や設備などは見学や相談から確認可能です。
見落としを防止するために見学する際にチェックリストを作成しておくと便利です。
コンセントの場所など、意外と見落としがちな項目があるので事前に見ておきたいポイントを確認しておきましょう。
さて、最後に心理的不安を解消するという意味で、ワンルームマンションを選ぶ時に事故物件かどうかを質問しておくようにしましょう。
怪談話では定番なことですが、やっぱり実際に一人暮らしをするとなれば気になりますね。
あまりにも賃料が安い物件などは、見学の際に聞いておく方が安心できます。