文京区で不動産取引をするならこの会社!比較ランキング形式で紹介します

不動産会社に行ったとき価格交渉はしてもいい?

公開日:2020/07/01  最終更新日:2020/06/24

文京区の不動産会社に行き、物件を購入する場合には、値段が気になる人も少なくありません。不動産自体は高価な買い物になりますので、可能な限り負担を避けようと安くしてもらおうとする人がいます。では不動産会社で行不動産の値段を交渉しても問題ないでしょうか。もし問題ないとすれば、どれぐらいまで安くしてくれるでしょうか。

基本的に値段交渉しても問題はない

不動産を購入する場合に不動産会社に値段交渉してもらうことができるか問題になります。結論から言えば、値段交渉しても特に問題はありません。人によっては、値段を割り引いてもらうことに対して抵抗感じる人もいるでしょう。例えば、不動産会社の人にこの人はケチに違いないなどと思われるのではないかと不安に感じる人などです。

また日本人らしく、周りの人がやっていないならば自分がそのような話を持ちかけるのは恐れ多いと考えて控えめにするかもしれません。ですがその必要は一切なく、一般的に住宅を購入する場合などは値引きをしてもらおうと考えるのが基本になります。

どこでこのような習慣ができあがったのかは確かではありませんが、日本中どこでも値段を安くしてもらおうと顧客のほうが問い掛けることになります。どの段階でそのようなことを言うかと言えば、たいていは契約をする前の段階です。

まだ住宅も見ていないのに、いきなり顧客が業者のスタッフに対してもう少し値段を安くしてもらえませんかと言ったら不真面目に思われるかもしれません。少なくとも、本気でそのようなことを言っているとは感じられないでしょう。やはり、しっかりと現物を見て本当に検討していることを臭わせながら値段について尋ねるのが良いです。

いつまで値段を変更することが可能になるか

不動産は、物件を閲覧してから、契約をするかどうか決めます。契約に関しては最初口約束でおこない、その後契約に必要な書類の準備をすることになるでしょう。それと同時に、ローンを組むことになります。

ローン場合には、金融機関による審査がありますので、2週間ほど待たなければいけません。そしてローンの審査が通ればようやく物件を手に入れることができる明日準備が整ったといえます。この段階で交渉するのは問題ありません。

なぜなら、契約書がまだ作成されていないからです。契約書が作成されてお互いに行き渡ったところで値段を変更することは難しいと言えるでしょう。なぜなら契約書の内容の中に、物件の値段が書かれている間です。

その期間は、物件を決めてから1週間以内になりますのでその間に業者のほうにつける必要があります。ただ業者のほうも、そのことはよく知っていますので、顧客のほうから申し出なくても安くしてくれる可能性はあります。

どれぐらい安くしてくれる可能性があるか

不動産の価格はもともと8桁位になりますので、それなりに割引をしてくれる可能性があります。しかし、物件によってはそこまで割引されない可能性もあるでしょう。割引率が低い物件の1つが、新築されたばかりの建売住宅などです。

新築の住宅の場合には、これからまたたくさんのお客さんが来ることになります。そこで大幅に割引をしてしまうと、業者としてもそうすることになるでしょう。なぜなら、他のお客さんのほうが高い値段で買ってくれる可能性があるからです。

この場合には、50万円位の割引は可能ですがそれ以上はかなり無理があると言ってよいでしょう。

これに対して、販売からすでに1年位が経過している物件の場合は100万円位の割引可能になります。

 

不動産を購入するとき、値段交渉ができるか問題になりますが、基本的に割引するのが普通になります。しかし、新築物件の場合にはそれほど大きな割引額にならない可能性が高いでしょう。

なぜなら、他のお客さんもその物件を欲しがっており、それほど割引しなくても売ることができる可能性が高いからです。これに対して、すでに建築から1年以上経過してもまだ売れない住宅の場合には、格安で売ることも視野に入れていますので100万円位の割引も可能です。

サイト内検索
文京区不動産関連コラム