文京区で不動産取引をするならこの会社!比較ランキング形式で紹介します

文京区で住宅を購入するための必要経費はどれぐらい?

住宅を購入する場合には土地の費用と建物にかかる費用が必要になります。ですが、不動産の購入に必要なものをそれだけではありません。なぜなら、必要経費も一緒になってかかるからです。

この点を頭に入れておく必要がありますが具体的にどのようなものがかかるかを見ていきましょう。

固定資産税とはどのようなものか

住宅を購入する時に必要な経費の一つは、固定資産税になります。固定資産税とは土地と建物にかかる税金のことをいいますが毎年国に納める決まりになります。日本では納税の義務がありますが、固定資産税もその一つと考えておけばよいでしょう。場所にもよりますが、固定資産税と同時に都市計画税と呼ばれる税金も支払わなければなりません。

では、固定資産税や都市計画税はどれぐらいの金額になるのかが問題になりますが、これは明確に定めてあるわけではありません。つまり、その地方自治体や建物の古さそして土地の広さによって変わってくるところです。文京区の場合には、文京区の自治体の方で定められています。ローン強化の平均的な一戸建て住宅の場合であれば、およそ80000円から150000円ぐらいの間になると考えておけば間違いありません。

業者に対して支払う仲介手数料とは

住宅を購入する時には、友人などから購入すれば問題ありませんが多くの場合は不動産会社から購入することになります。この業者は、様々な一戸建て住宅などを紹介してくれる代わりに仲介手数料を顧客から取るようにしています。仲介手数料は、物件を紹介してくれた情報に対する対価そして素人ではなかなか難しい不動産に関する書類を作成してくれる対価と考えておけばよいでしょう。

どれぐらいの金額になるかは、やはり物件の金額によって変わってくるものです。法律で定められているのは、その物件価格に3パーセントをかけて6万円を足した金額になることです。実は3パーセントに関しては上限と定められているわけで必ず3パーセントにしなければならないわけではありません。それにもかかわらず、多くの業者は上限ギリギリの数字を設定してきます。どこの業者も、可能な限り沢山の利益を出したいためそのように考えるのは仕方がありませんがよく探すと3パーセント未満で設定している業者もありますので少しでも仲介手数料を減らしたければそのような業者を探してみると良いでしょう。

登記をする時に支払う費用について知っておこう

文京区で一戸建て住宅を手に入れたならば、登記をしなければなりません。これは、どのような物件であっても手に入れた場合には必ず登記をする決まりがあります。登記はだれが行うかといえば、通常は司法書士が行うことになるでしょう。司法書士は、通常業者の方で紹介してくれますのでわざわざ買い手側が司法書士を見つける必要がありません。

どれぐらいの金額になるかは、司法書士によって変わってくるところですが一般的には25万円から30万円ぐらいになると考えておけば間違いありません。ただ、大きな物件の場合にはもう少しかかることもありますので注意をしましょう。世間では、登記をするのは司法書士でなければならないとの考え方がありますが実はそのようなことはありません。司法書士はあくまで登記の専門家であるだけで買い手自身で登記を行っても特に問題ないわけです。とはいえ、難しい法律の手続きになりますので全く知識がなく経験のない素人がいきなり行っても書き方がわからないでしょう。そこで、勉強会などが開かれていることがありますのでそこに参加して基本的な知識を身につけてから自分で登記を行うようにしましょう。

文京区で一戸建て住宅を手に入れるためには、まず固定資産税や都市計画税の支払いが必要になります。次に仲介手数料の支払いも考えておかなければなりません。仲介手数料は、その購入する物件のおよそ3パーセント程度の金額になると考えておけば間違いないでしょう。そして、登記をする費用も忘れてはいけません。