文京区で不動産取引をするならこの会社!比較ランキング形式で紹介します

文京区に豊富にある不動産物件の間取りはファミリー層向き?シングル向き?

公開日:2019/11/15  最終更新日:2019/10/15

文京区の不動産物件にはファミリー層向きとシングル層向きがあり、それぞれで間取りが異なります。豊富にあるのは需要が多いほうの間取りで、文京区の場合はシングル向きが多い傾向にあるのが特徴です。

ファミリー層向きも一戸建てとマンションが存在し、高い人気を維持しています。

住宅の間取りと家族構成の関係性

文京区の不動産は一戸建てとアパート・マンションに分かれます。一戸建てとマンションは持ち家と賃貸があり、アパートは賃貸だけです。一戸建てとマンションはファミリー層向きですが、アパートはさらにシングル向きも加わります。

オーナーが文京区で不動産事業を行う場合は、いずれの層に向けた物件を建てるかを初めに決めます。その決め手となるのは需要の有無です。

ファミリー層の需要が多い場合は、新たに建てる不動産もそのための間取りが必要となります。学校の多い地域はシングル向きの需要が多いので、そのための間取りを確保する必要が生じます。家族構成が2人以上の場合はファミリー層向きの間取りが用意され、シングルの場合はそのための間取りが用意されることになります。

中にはシングル向きとファミリー層向きのどちらにも使える物件も用意されているのです。敷地の形状や用途地域によって建築できる建物の形状が違ってくるので、その都合により客層を分ける場合もあります。

文京区で多いシングル向き物件の間取り

文京区は大学等の教育機関の多い地域なので、不動産物件にはシングル向きが多い傾向にあります。シングル向きは一般的にファミリー層向きに比べて面積が小さく、そのため部屋数も少ないのが特徴です。

シングル層向きでは玄関・浴室・トイレ・洗面が単独で付くか、いくつかが同じスペースに兼ねられます。一時流行した浴室が洗面とトイレを含む間取りは現在では少数派です。浴室が洗面とトイレを含むことは面積の節約となり、洋間を大きく取れることになります。

しかし、顧客の需要が少ない状況となり、そういった間取りの物件は減っています。トイレと洗面は、独立した部屋かコーナーとして用意されるのが一般的です。 洗濯機はキッチンと並んで設置スペースが設けられています。

それらをつなぐ廊下によって居室となる洋間に接続されるのが一般的な間取りです。洋間には収納スペースが設けられ、洋服入れを兼ねることもあります。ロフト付きの場合は洋間が狭くても、大きな収納スペースを確保することが可能です。

ファミリー層向き物件の間取りと特徴

文京区で提供されるファミリー層向きの物件には、一戸建てとアパート・マンションがあります。一戸建ての間取りはさまざまですが、都市の中心部に位置することからコンパクトな物件が多くなっています。

マンションがファミリー層向きの場合は、洋間と和室が複数存在します。それ以外にLDKが設置されるのが一般的で、玄関・浴室・洗面・トイレは単独の部屋として用意される傾向があるのが特徴です。マンションでは採光がとれる方角にLDKが設置され、反対側に洋間などの個室が設置されるのが一般的となります。

LDKと接続して個室が設置される場合は、引き戸や可動の扉で仕切られます。住宅では必ず外部からの採光が必要となるので、居室は端部になる場合が多いです。住居の中心部には水回りがまとめて設置され、パイプスペースにより配管が接続されます。

マンションでも賃貸と分譲では若干の違いが生じ、分譲のほうが仕様は高級になる傾向です。アパートのファミリー層向きの数は少ない傾向にあります。

 

文京区の不動産はシングル層向きが多いのが一般的な傾向です。間取りの特徴は、ファミリー層向きは居室の数が多く、シングル向きはワンルームなど居室の数が最小となります。選択にあたっては物件がその層に向けられたものなのかを正確に把握することが大切です。

サイト内検索
文京区不動産関連コラム