文京区で不動産取引をするならこの会社!比較ランキング形式で紹介します

不動産購入する際にクレジットカード購入は可能?

段々とカードを使って支払いをするのに慣れて普段から使う人が増えてきました。

不動産を購入するときにクレジットカードを使用できれば良いのにと思う人も多いでしょう。大きな買い物になるからこそカードが本領を発揮するという面もありますが、現実的にカードを使って購入することはできるのでしょうか。

買えるかどうかは業者によって異なる

不動産を購入するときにクレジットカードを使えるかどうかはケースによるので一概に買えるとも買えないとも言えません。住宅や土地を購入するか、注文住宅を建ててもらうかといった点で特に違いがあるわけではなく、まず重要なのが依頼先がクレジットカードを受け付けているかどうかです。

仲介してもらうときには依頼先の業者がカード払いに対応していることが必要で、さらに物件のオーナーが了承しなければならない場合もあります。注文住宅を建てるときにはハウスメーカーや工務店がカード払いに対応していなければなりません。建築会社などから住宅を購入するときには建築会社側の対応によって異なります。

金額が大きくなるため、大抵の場合にはカード払いに対応せず、銀行振込で支払うようにと言われがちです。しかし、大手のハウスメーカーなどの中にはカード払いに対応しているところもあります。カード払いをしたいと考えたら対応している業者を利用して購入するようにしましょう。

限度額にも注意しなければならない

カード払いで住宅や土地を買いたいというときにはカードの限度額にも注意しなければなりません。一般的に発行しやすいと言われているカードの場合には限度額が数十万円から百万円程度になっています。その範囲内で購入できる住宅や土地はほとんどないでしょう。運良く安いものが見つかったとしても百万円は超えてしまうのが一般的です。

そのため、ゴールドカードやプラチナカードなどのように数百万円の上限額があるものでなければカード払いをするのは困難で、それでも一千万円を超えるような物件を購入することはできません。中には上限額がないカードも存在しますが、年会費が高くて審査も厳しいのであまり手にできる人がいないものも事実です。しかし、そのようなカードを持っているからカード払いに対応している業者に相談すれば問題ありません。

一部だけカード払いにするのも得策

住宅や土地を全てカード払いできる人は限られています。しかし、一部だけカード払いにできる可能性はあるので検討してみましょう。全額をカードで払うのは無理であっても、頭金や仲介手数料などの諸費用をカードで払うだけなら一般的なカードでも可能です。業者によっては諸費用の一部についてはカード払いを認めていることがあります。預け金として支払う分はカードでも良いという場合もあるので聞いてみるのが大切です。

また、業者によってはカード払いできる上限額が定められていて、それを超える部分は現金払いにするという対応をしていることもあります。この他にも住宅の建築を依頼するときに本体にかかる費用は現金でも、外構工事についてはカード払いで良いといったケースもあり、対応は業者によって大差があるのが実情です。最初に相談に行ったときに、どの範囲は現金で、どの費用はカードでも払えるのかを明確にしておいてもらうのが賢明です。もしカードを積極的に使いたいというのであれば、その観点から依頼先の業者を決めるというのも悪くはありません。

不動産を購入するときにカードを使えばポイントがつく、リボ払いができるなどのメリットがあります。積極的に使いたいときには業者側が対応していることが必須です。また、自分が持っているカードの限度額が足りていないと払うことはできません。この二つの兼ね合いを考えて払えるかどうかを検討してみましょう。