文京区で不動産取引をするならこの会社!比較ランキング形式で紹介します

不動産で契約するときの注意点とは?

公開日:2020/05/01  最終更新日:2020/04/28

気になる物件が見つかることがあれば、早い者勝ちとなるために、焦って署名してしまいがちです。しかし、契約書をしっかり確認してみれば、難しい専門用語が立ちはだかります。もしかすれば、売り手に有利になっているかもしれませんし、買い手に有利になっているかもしれません。ですから、注意点というのもしっかり知っておきましょう。

しっかり書類には目を通すことが大事になる

文京区の不動産、賃貸物件もあれば、憧れの庭付き一戸建て物件、さらにビジネス向けには事務所や倉庫などまで提案されています。もちろん、個人も法人も売買契約ができます。

ここでのポイントは、その際の注意点でしょう。日々の生活を送るため、一度住んでしまうと、問題が起こっても容易には住み替えたり、手放したりできないものです。そのため、問題にならないための重要事項や必要事項の書類の説明を受けることをはじめ、平穏に暮らすための知識を持っておきましょう。

例えば、競売などでマイホームを手にいれたいのならば、どのようなリスクがあるでしょうか。投資も含めて、どんな物件も個人が参加して取得ができます。新築よりも中古物件では特に要注意で、物件に誰かが居座っていることもあったり、法的手続きを経て明け渡しになっても、内部が壊されていることもあるかもしれません。

ですから、署名・捺印を押してしまう前には、建物の場合には、事前に内見ができるか否かもポイントです。

コンサルタントなどにも相談してみよう

閲覧から契約までの期間が短い場合には、その物件に難が隠されているかもしれません。また、中古物件では、その後のアフターケアが全くない場合もあるようで、瑕疵担保責任などが一例です。しっかり事前に確認しておかなければならない点です。

また、文京区の土地は決して安くはありません。しかし、売り出した面積と、実際の面積とが異なることもありますから、要注意です。どうしても気になる、欲しい物件であるのならば、物件に関する書類にしっかり目を通しましょう。

物件明細書をはじめ、現況調査の報告書であったり、評価書などが一例ですし、必ず書類だけでことを済ませずに現地調査もおこないましょう。コンサルタントや弁護士に協力をあおぐのもありです。

トラブル回避は仲介業者次第でもある

また、新築や中古物件では、眺めがよくて静かだという謳い文句で購入を決断することもあるでしょう。しかし、数ヶ月もしないうちに、手前に高層マンションが建つ計画案が出てしまうことも考えられます。

注意点としては、地主がマンションや戸建ての売主ではない可能性があるということです。景観法をはじめ、美しい街並みが保護されることが期待されるエリアもあります。隣家の増築で衛星放送が映らない、さらに連帯保証人の条件をつけられるのならば、それは家主次第ともなります。家主が身内のみ連帯保証人を認めるとすれば、それは否が応でも拒むことができません。

いずれにせよ、仲介の不動産会社の信頼関係なくして、いい住まい探しや、売買の成立などはあり得ないものですから、成立に向けて、後押ししてもらうことも重要です。

 

文京区の不動産を取得したい場合でも、もちろん、手放す場合でも、売買契約を締結しなければなりません。ですが、書類にサッと目を通すだけで捺印することは、後にトラブルを招くこともあります。

契約での注意点は、書類内に小さく記載されていたりするため、専門家にも相談しましょう。もちろん、説明をしっかり受けること、することは売買の際には義務となっています。それがおざなりになっているなら、一度白紙に戻すことも必要かもしれません。




サイト内検索
文京区不動産関連コラム