文京区で不動産取引をするならこの会社!比較ランキング形式で紹介します

文京区の不動産物件と郊外の不動産物件を比較!

公開日:2019/12/15  最終更新日:2019/11/11

文京区と郊外の不動産物件は同じ部分が多いものの、違う部分も結構あるのです。物件の選択では両者の違いを知ることが必要となり、それにより間違いのない選択が可能となります。

坪単価の高い都心と比較的求めやすい郊外の土地は、建つ建物も違いが出ます。どちらの物件が自分の生活に合うのかを検討することが大切となります。

都心だからできる賃貸を中心とした物件運用

文京区の不動産で特徴的なのが賃貸物件の多さです。大学や学校等が多い地域性から、当然のことながら持ち家よりも賃貸が多くなるのです。

さらに都心各方面への交通アクセスの良さから、東京で仕事を始めるフラッシュマンの需要も高い地域です。同じ都心でも湾岸地域は分譲マンションが多い地域ですが、文京区は分譲よりも賃貸の多い地域となっています。物件数は少ないものの、戸建ての持ち家も販売されています。

郊外に比べると一戸当たりの面積は小さめで、比較的求めやすい価格帯を目指す姿勢が見られます。都心でも少子高齢化の波が進んでいることから、中古の戸建て物件も増加傾向です。文京区の不動産物件は最先端の暮らし方を示すものとしても注目できます。

物件は最新の通信環境やセキュリティーを備え、利用者の要請に応えているのです。文京区の物件は賃貸でも持ち家でも最先端の居住環境と、都内各所へのアクセス性の良さから、快適な都会の生活を担保してくれるのです。

郊外物件に特徴的な広さと自己所有

郊外の不動産物件は都心の物件とは異なるものになります。物件は賃貸以外にも持ち家が多くなり、マンション形式以外にも戸建ての供給も増えてくるのです。郊外の物件でもその立地により特徴が異なります。

駅に近い場所では都心と比較的同じタイプの住宅が供給される傾向にあり、駅から距離のある場所ではゆったりした家族向けの物件も見られます。郊外の一戸建ては都心のものよりも一戸当たりの面積が増える傾向にあるのです。

そのために受容できる家族の員数も増え、落ち着いた生活を可能としてくれます。一戸建てでは駐車場が1台分以上は付いているのが一般的で、郊外であるほど駐車できる台数も複数になる傾向です。マンションも単身者向けばかりでなく、家族向けが増えてきます。

家族向けは一住戸当たりの面積が大きく、居室の数も多くなるのです。これらのことは家族の生活を可能とする静かな住環境が用意されていることを意味します。緑地などの自然環境も都心の物件と比べて豊富になるのは当然なことです。

都心と郊外の物件比較と効果的な選び方

不動産物件の選択に当たっては、都心と郊外のものを比較して選ぶのも一つの方法です。自己所有か賃貸かの別や、一戸建てかマンション形式かの違いも必要となります。

自己所有の場合はその金額が重要となり、賃貸の場合も賃料の高低は選択に影響を与えるものです。自己所有の場合は都心のマンションと郊外の一戸建てが比較対象となることが多く、コツをつかむことが大切となります。マンションは大規模改修などの強制的な部分もありますが、全体として所有の手間はかかりません。

一戸建ては町内会への参加や近隣住民との付き合いが欠かせず、建物の維持も自らが行う手間が発生するのです。しかし、一戸建ては改修や庭の手入れなどを含めて自由な処置が可能となります。

都心と郊外では賃貸物件の家賃が違ってきます。同じ家賃でも郊外の物件のほうが広い面積を確保できるのです。それぞれに特徴があり選択には注意が必要ですが、両者を比べることは選択の幅を広げてくれます。

 

文京区の不動産物件と郊外の不動産物件は特徴が大きく異なるので、比較するには良い材料を提供してくれます。文京区の物件の所有形態や形状、及び、面積がどのような要件により決められているかを知るには、郊外の物件との比較が適切です。

サイト内検索
文京区不動産関連コラム