文京区で不動産取引をするならこの会社!比較ランキング形式で紹介します

文京区で仲介手数料の安い不動産会社を見つけるコツ

文京区で仲介手数料の安い不動産会社を見つけるコツ

 

物件を購入する際には何かと費用が生じてくるものです。
例えば、不動産取得税などがありますが、仲介手数料もそんな不動産取得時に生じる費用の一つ。
少しでも安く物件を取得するためにはこの仲介手数料にも気をつけておきたいところですが、一体どうすれば仲介手数料は下げられるのでしょうか。
ここではこうした仲介手数料について掘り下げてみていきます。

 

仲介手数料の安い不動産会社を見つけよう!

仲介手数料を安くするためには仲介手数料の安い不動産会社を見つけることが肝心です。
仲介手数料は不動産会社によって大きく分かれてくるもので、仲介手数料がゼロ円なんて不動産会社もあるほどです。

この仲介手数料がメインの収入になっている不動産会社もあります。
とはいえ、マンション管理などもしている不動産会社だとあまり仲介手数料にこだわっていないなんてこともあります。
仲介手数料を高くしてお客が離れるようなれば少しでも仲介手数料を安くして多くの人に来てもらいたいと考えることもあるでしょう。
こうした不動産会社の営業形態の差や仲介手数料に対する考えの違いが実際の仲介手数料の差にもなってくるわけです。

 

○仲介手数料のシステム

購入する物件によっては仲介手数料のシステムに気をつけたほうが良いこともあります。
例えば、

仲介手数料もどんな物件であれ額が決まっているところもあれば、

取得した物件購入費の数%から数十%相当の仲介手数料を払うところもあります。

どちらのシステムを採用している不動産会社が良いかは購入する物件額によっても変わってくるものです。
高い物件を購入するならば仲介手数料が一定の方がよいかもしれません。
こうした点も念頭に入れておきたいところです。

 

○キャンペーン

また、キャンペーンを利用してみるのも良いでしょう。
期間限定で仲介手数料を安くしている不動産会社も文京区では多いですから、こうしたキャンペーンを利用して少しでも仲介手数料を安くしていくことがおすすめです。

 

仲介手数料を下げる裏ワザとは?

仲介手数料のために予算オーバーしてしまうなんてこともあるかもしれません。
しかし、仲介手数料を下げるコツは色々とあるものです。

 

○安く設定されている・免除制度がある
例えば、物件によっては仲介手数料が安く設定されているなんてこともあります。
他にも、不動産会社からすすめられた不動産ローン会社と契約することで仲介手数料が免除される制度を設けている不動産もあります。

 

○値下げ交渉

また、仲介手数料も実は値下げ交渉が行えることがあります。
例えば、不動産会社がすすめる物件を購入する代わりに仲介手数料を下げてもらうなんてことは実際にできるものです。
不動産会社にとっても処分したい物件はあるもので、こうした物件を購入してもらえるならば少し仲介手数料を下げるくらいはなんでもないと感じる物件担当者も多いもの。
このため、仲介手数料の負担が気になる際には値下げしてもらえないか話を聞いてみると良いでしょう。

値下げ交渉をするタイミングとしては物件下見もして契約締結の直前にしておくと良いでしょう。
「この物件に決めたいけれども仲介手数料が気になる」といったように話を持ちかけてみましょう。
不動産会社としても仲介手数料くらいならば少し安くしても良いと考えてくれることもあります。

 

○仲介手数料が一番安い不動産会社を見つけて契約

同じ物件の情報が幾つもの不動産会社で共有されていることもあります。
こうした場合、仲介手数料が一番安い不動産会社を見つけてそこで契約しましょう。
不動産のホームページなどを見て物件情報などを検索する手間もありますが、仲介手数料が数万円下がるようなこともありますから手間をかける価値はあります。

このように仲介手数料を下げることは実は可能なものです。
特に値下げ交渉はできないかどうか話を聞いておきたいところでしょう。